貸し会議室を選ぶポイントは

使用目的に合わせて選ぶ

社内で何か集まりがあるときに、十分なスペースが確保できない場合、
貸し会議室を使うと簡単にスペースを用意することが出来ます。

 

中小企業だと大規模な会議が出来るだけのスペースが無いところも増えてきているので、
いくつか会場として使える貸し会議室の情報を控えておくと、いざというとき便利です。
 

 

貸し会議室を利用する際、チェックしておくべきポイントはいくつかありますが、
一番大事なのは、その集まりがどういった内容で、
それを出来るための会場であるかどうかという点です。

 

貸し会議室には様々な種類があり、部屋を提供している企業によって、
利用できる部屋にも違いがあります。

 

例えば単純に会議に利用するための、
椅子とテーブルが用意されている非常にシンプルな部屋もあれば、
パーティー会場としても使用できるスペースや、
発表の場として使えるステージなどが用意できる部屋もあるので、
単純に会議だけに使うのではなく、
懇親会などの人の集まるイベントの会場としても使うことが出来ます。

 

貸し会議室は様々な目的で使えるよう、様々なサービスを用意しています。

 

椅子やテービルなどの基本的な設備はもちろんですが、
パーティーなどでも使えるような部屋を借りる場合は、
提携しているケータリング業者も紹介してくれるので、
飲み物や料理も合わせて注文することが出来ます。

 

会場の規模も何十人も集めることが出来るような大きなところもあれば、
何人かが集まるだけの小さな会議室も利用することが出来るので、
何か集まりを開くことになった際は、
その規模に合わせて使える貸し会議室が無いか確認してみてください。

料金設定は

会社で会議を行う機会はよくありますが、
会社の規模によっては社員が数人しかいないところもあり、
わざわざ会議室を用意せずに、オフィスで会議を済ませてしまうというところも中にはあるといいます。

 

ですが社外の人も集めるとなると、オフィスでまとめてというわけにも行かないので、
貸し会議室を利用して、一時的に人を集めるスペースを確保しましょう。
 

 

最近は貸し会議室の種類も増え、料金設定にも違いが出てきているので、
出来る限り安く済む会場が無いかどうか探してみましょう。

 

貸し会議室の料金設定は、会社によってまちまちで、
独自の料金設定が多く見られます。

 

1時間ごとに料金が加算されていくシステムのところもあれば、
基本料金は設定せずに、
使用目的や用意するものなどを相談して料金を確定するところもあるので、
正確な料金は相談してみないとわからないと思ってください。

 

会場の規模によっても料金は変わり、やはり会場が広くなればなるほど料金は高くなるので、
すでに参加者の人数が決まっていて、会場が小さくても大丈夫なら、
相当料金を抑えることができるでしょう。

 

可能な限り料金を安く抑えたい場合は、
利用するサービス内容も詳しくチェックしてみてください。

 

椅子や机などの備品のレンタルにかかる費用や、
会場設営などのサポートにも利用金が設定されているので、
そちらを使わずに会場だけ用意すれば、より安く会場を準備することが出来ます。

 

その分自分たちで行う作業量は増えてしまいますが、
椅子やテーブルの移動くらいなら別に問題ないという場合は、
サービスを減らしてどれだけ安く出来るか業者に確認してみてください。